童貞という立場を使って

This item was filled under [ 生活テクニック ]

最近、童貞を道具にして売買をおこなっているという人も増えてきています。
童貞は単なる男性にとってのコンプレックスというものではなく、商売として利用していくことができるようになってきてしまっているものの一つです。

そんな童貞という立場を悪用することによって、いつまでも童貞でいることを嘘をつき、身体を使って商売をしているような男性たちもいるようです。
もちろん童貞というものは、一度でもセックスを経験してしまえば卒業してしまうものですが、女性への接し方が不慣れであったり、セックスをどう進めていけば良いのか分からないという素振りを見せるだけで、簡単に女性を騙していくことができてしまうのです。

出会い系においても、童貞を利用することによって女性との出会いを求めるような男性たちもいるかもしれませんが、ちょっと待ってください。
童貞という立場を使って単なる出会いを見つけるのであれば良いのですが、それを商売にしていくのはそれは売春行為にあたるのではないでしょうか?
売春行為は法律では禁止されていますし、未成年との猥褻な行為というものは勿論のこと禁止されているものです。

あくまでも出会い系を通じて、童貞に関しての立場を利用していくのであれば、出会いを目的にしているということをはっきりと明確にしておいたほうが良いかもしれませんね。
下手をすると警察の厄介になってしまうようなこともあるかもしれないので注意しましょう。

6年もつきあって別れるなんて……

This item was filled under [ 愛が溢れる ]

6年つき合った彼にふられてしまいました。
わたしは自分で言うのも何ですが、彼にとってはいい彼女だったと思います。
わたしは彼のために料理を作ったり、おいしいものを食べさせて上げたいから料理教室に通ったり、あるときにはロレックスの時計をプレゼントしたりと彼に尽くしていました。

彼との仲は順調だと思っていましたから、突然彼の方から「おまえと一緒にいるとろくなことが起こらない。お前とつきあってから運が下がったような気がする。だんだんうざくなってきたし、別れてよ」と言ってきたんです。
彼とは結婚するものだと思い込んでいましたから、こんな言い方で別れを切り出されるなんてショックを超えて病気になりそうでした。
わたしは彼の言葉は始めは冗談か、それともなにか仕事で疲れているんだなって解釈していたんですけれども、彼の部屋に置いてあったわたしの私物が宅急便で送られてきて、彼が本気だとわかりました。

わたしは彼に嫌われるようなことをした覚えはないし、突然の心変わりに身が引き裂かれるような思いです。こんなひどい仕打ちを受けたのに、彼と過ごした6年間を思い出すと、彼のことがどうしても憎みきれません。

回収率を一番に考えていくとリスクを背負っていくことにも

This item was filled under [ 趣味の世界 ]

とある記事のなかにおいては競馬というものは勝率を競い合っていくものではなく、あくまでも回収率といったものが問題だという記事がありました。

まぁ、それはその通りであると言えるでしょう。

誰だって儲けをあげたいと思うものでしょうし、損というものはしたくないですよね。

でも、回収率を一番に考えていくとリスクを背負っていくことにも繋がってしまうことがあるのです。

回収率を狙うのであれば、どうしても大穴を狙うことが予想されるでしょう。

これをおしているのが、悪徳競馬予想会社になっているのです。

競馬ファンたちのなかには、本命馬ではなく穴馬を狙っている人たちも多かれ少なかれ存在しているものですから、上手く人間の心理につけこんだアドバイスの一つとも言えるでしょう。

悪徳な競馬予想会社は穴馬を狙った競馬予想を立てていくことによって、競馬ファンたちに穴馬の馬券を購入するように促していくのです。

しかし、穴馬を狙うことは大損の危険がつきものです。

リスクはあって当然。

普通は本命馬を狙って馬券を購入していくことが普通ですからね。

少しでもリスクは背負いたくはないはずです。

しかし、リスクは承知のうえでも穴馬を狙うといった人たちは一攫千金を狙っているものの、破産と隣り合わせになっていると言っても良いでしょう。

美味しい話しには裏があるのと同じように、穴馬には破産がつきまとっているものなのです。