回収率を一番に考えていくとリスクを背負っていくことにも

This item was filled under [ 趣味の世界 ]

とある記事のなかにおいては競馬というものは勝率を競い合っていくものではなく、あくまでも回収率といったものが問題だという記事がありました。

まぁ、それはその通りであると言えるでしょう。

誰だって儲けをあげたいと思うものでしょうし、損というものはしたくないですよね。

でも、回収率を一番に考えていくとリスクを背負っていくことにも繋がってしまうことがあるのです。

回収率を狙うのであれば、どうしても大穴を狙うことが予想されるでしょう。

これをおしているのが、悪徳競馬予想会社になっているのです。

競馬ファンたちのなかには、本命馬ではなく穴馬を狙っている人たちも多かれ少なかれ存在しているものですから、上手く人間の心理につけこんだアドバイスの一つとも言えるでしょう。

悪徳な競馬予想会社は穴馬を狙った競馬予想を立てていくことによって、競馬ファンたちに穴馬の馬券を購入するように促していくのです。

しかし、穴馬を狙うことは大損の危険がつきものです。

リスクはあって当然。

普通は本命馬を狙って馬券を購入していくことが普通ですからね。

少しでもリスクは背負いたくはないはずです。

しかし、リスクは承知のうえでも穴馬を狙うといった人たちは一攫千金を狙っているものの、破産と隣り合わせになっていると言っても良いでしょう。

美味しい話しには裏があるのと同じように、穴馬には破産がつきまとっているものなのです。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.